頭を冷やす効果

頭を冷やす効果

よく、頭冷やせ!って言います。これ、実は理にかなっているらしくって、頭を冷やすと人間本当に体調がよくなるそうなんです。

私はこの情報をさっき知ったので、試してはいませんが、なんとなく気持ちがよくなりそうという予想はできます。
頭を冷やすことが脳のストレスを解消させるらしいです。これは言い方があっているかどうなのかは謎です。

人間は思考を行ったりすると脳の各分野の血流が増大します。脳科学についての知識は全くのゼロなのであしからず。
すると温度はどんどん上がっていく一方。脳の中に汗はかけないですし、かといって血流を低下させると脳が貧血を起こすので、温度を下げることは難しいです。

そこに対して、冷やしタオルなどでおでこを冷やしてやったりすると、頭がさえてくる、だそうです。
ちょっとなんだか、胡散臭い気もしますが、やってみる価値はありそうです。

血管を収縮して頭痛を解消できるかも

ここからは以上のことを考えて、じゃあ生理の時の頭痛にはどうなのか、ということについて書きたいと思います。

生理の時の頭痛、これもこのサイトで何回も書いていますが、 生理で女性ホルモンが乱れる→自律神経も乱れる→血管が拡張する→血流が低下&広がった血管が神経を圧迫→頭痛、というメカニズムで起きていると考えます。

ここでは頭を冷やすわけです。血管は冷えるとどうなるのかというと、縮こまります。
今、私の指先足先は冷たいですが、これは血管が収縮しているからです。ヒーターで温めれば、指先は温まります。すると今度は血管は拡張されます。血管ってそんな感じになってるんです。

ちなみにですが、お風呂で立ちくらみが起こりやすいのはそのせいです。
お風呂に入ったことで温まり、全身の血管が拡張します。すると血流はゆっくりになります。しかしそこで、いきなり立ち上がってみると、脳に血液がまわらなくなります。血流がゆっくり、血圧が低いので、頭まで血が行かなくなってしまいます。

で、話を戻しますと、生理の際は血管が拡張している状態です。その状態に対して、冷えタオルなどで冷やすことで血管が収縮し、血圧が増大、神経の圧迫も防ぐ、ということが起こるのではないか、と考えているわけです。

でも冬とか寒い日はどうなの?

自分で書いておきながら、それに対する批判的も述べておくと、この考え方であれば冬に外に出た時に頭痛がなくなるはずです。
また寒い地域ほど生理による頭痛が軽く、暑い地域ほど頭痛が重くなる、とも考えることもできます。
本当にそうかな?とは思ってしまいますね。

結局、試してみないとわからないものです。

著者:頭痛ヒヨコ

生理による頭痛と薬の話

生理と頭痛にともなう悩み

生薬について