ボタンピについて

ボタンピについて

今回は、「和漢のきもち」に配合されているボタンピという生薬につてのお話しです。

ボタンピってなんか名前がふざけてますよね。生薬の名前はなかなか面白いものが多いものです。ボウフウ然り。

ちなみボタンピはどういう植物かというと、かの有名なボタンです。牡丹。ボタンの根っこの皮をボタンピ、漢字では牡丹皮と呼んでいます。そういう生薬です。

こんな感じの可愛い花です。色も形もきれい!

百花王とか、花神とか、天香国色とか、荘厳な別名を持っています。
中国西北部原産で、ボタン科の花です。木なんですね。

ボタンピの効能

鎮静、鎮痛、血流促進、頭痛、腹痛、月経不順、月経困難などの効能があります。いずれも女性特有の体調の変化や、血液のめぐりに関係する効能ばかりです。

和漢のきもちではボタンピがかなりその効果に貢献しているといえるのではないでしょうか。特に、生理による頭痛、これを治癒するためにはボタンピはかなり優秀です。世界一ぐらいです。ちょっといいすぎかな?

滞った血液の循環を促すので、冷え性などにも間接的に効果があるのではないでしょうか。鎮静鎮痛作用があるので、頭痛以外にも生理痛、生理による腰痛、吐き気、など体の痛みを鎮める効果もあります。

ボタンピって本当にすごいですね。綺麗な花の根っこです。

また、生理による頭痛とは少し離れてしまうのですが、降圧作用があるため高血圧症や動脈硬化の改善薬にも使われることが多いそうです。

ボタンは栽培できる

ボタンは普通に自宅でも栽培することができます。苗木が大体1200円くらいで売っています。
さすがに育てて、根っこを乾燥させて生薬にするのは難しいかもしれませんが、やってみると楽しいと思います。

著者:頭痛ヒヨコ

生理による頭痛と薬の話

生理と頭痛にともなう悩み

生薬について