生理 頭痛 カフェイン

生理と頭痛とカフェインの話

生理による頭痛とカフェインにはどういった関係があるのでしょうか。
一般的に、カフェインは身体にはあまり良くないものとしてとらえられています。

しかし、日本茶(緑茶)や紅茶、コーヒーや炭酸飲料など、私たちの身の回りになる飲み物にはカフェインが多く含まれていて、意識的にさけない限り、摂取してしまうことが多い物質です。

実際、カフェインは頭痛に対してどのような影響を与えるのでしょうか。

脳の頭痛を鎮痛するカフェイン

意外なお話しかもしれませんが、市販で購入することができる頭痛薬の多くにはカフェインが配合されています。

カフェインは頭痛を抑える成分として認められているのです。
そのメカニズムは、「コーヒーも頭痛薬?」でも書いたのですが、こうなっています。

「頭痛の原因は、脳の血管が拡張することによって脳の神経が圧迫されていること。カフェインによって血管を収縮させれば、脳の神経の圧迫は収まり、頭痛は一時的に鎮まる」

こういった理由で、カフェインは頭痛を鎮静させる効果のある物質だとされ、頭痛薬にも含まれています。
しかし重要な点は、効果が一時的であると言うこと。

カフェインの入った飲み物を常飲したからと言って、頭痛を予防できるわけでもありませんし、依存の恐れもあります。

生理による症状を悪化させるおそれあり

生理中にカフェインを摂取することで最も怖いのは、頭痛を含んだ、生理によって引き起こされる様々な症状(生理痛、吐き気や便秘など)も悪化させるということでしょう。

カフェインは血管を収縮させますが、これは身体を冷やす方向に働きます。毛細血管が縮まり、末端に血液がいかなくなるためです。

また、交感神経を刺激するため、自律神経のバランスも乱します。
これらが生理によって起こる不快な症状を悪化させるおそれがあるのです。

そういう意味でもカフェインは避けた方がよいでしょう。

著者:頭痛ヒヨコ

生理による頭痛と薬の話

生理と頭痛にともなう悩み

生薬について