首コリと生理による頭痛

首コリと生理による頭痛

慢性的な首コリになっていると、生理の際の頭痛の程度が重くなることが考えられます。
生理の際の頭痛は、女性ホルモンの乱れによる自律神経の乱れ、それによる血流の変化が原因です。

首コリは自律神経の働きにかなり強い影響をもたらします。
首コリになると、首周辺の肩まわりや鎖骨あたりの筋肉や関節が固まり、血行も悪くなります。

この状態は頭痛を起こしやすいです。こんなときに生理が来てしまったら、簡単に自律神経のバランスは崩壊し、頭痛がやってきます。この場合生理は頭痛のトリガー、きっかけになってしまうようです。

首コリにならないために

首コリならないために生活習慣を見直しましょう。
仕事がデスクワークや、勉強をしなければならない、その他にはスマホやパソコンをよく操作する場合、首を固定した姿勢が長時間続くことになります。これは首コリの大きな原因になります。

だからそういうことはしないでください。といっても、現代はムリだと思うので、30分に一度、休憩をいれましょう。
デスクワークでは目も使うので眼精疲労にもなりやすいです。眼精疲労は自律神経を乱れさせます。

ちょっと立ち上がって伸びをする、天井を向いて首の力を抜く、とか、簡単なことでいいので心身をやすませてください。

体温めるの大事

首コリっていうのはつまり、首の筋肉がこわばって固まってしまっている状態の事です。
筋肉は温めることでやわらくなります。なので温めてください。

入浴のときも軽く、優しくマッサージとか。首の周りはかなり大切な筋や神経、血管があるので絶対に強くやらないように。
その他には運動で体を温めるのも大切です。身体温める=血流がよくなる、です。

本当に一日30分のウォーキングとかでいいと思います。続けることが一番大切なんじゃないかなと思います。

あと、枕が高すぎると首に負担がかかります。低すぎるのも同じです。ちょうどいいくらいの高さを、低い枕の下にタオルを入れるなどして調節してみてください。人生の1/4~1/3は枕に頭を載せていますから、かなり重要です。

他に自宅でできることとしては、ストレッチやヨガなどがおすすめです。
私は寝る前に布団の上でストレッチをしています。(ヨガも本当は毎日やるべきなんだけど、気が向いた時はやってます)

えーと…いろいろ書き散らしたので最後に言いたいことをまとめると、

首コリになっていると生理の際の頭痛がひどくなります。もともと首コリは頭痛の原因のひとつですが、生理が頭痛のきっかけになります。なので普段から、首がこらないようにケアしてあげましょう、ということです。

著者:頭痛ヒヨコ

生理による頭痛と薬の話

生理と頭痛にともなう悩み

生薬について